買った後の税金も大事!車の維持費について

  1. /
  2. /
  3. 買った後の税金も大事!車の維持費について

車はお金がかかるもの

車は高い買い物です。
中古車であっても購入するには数十万円から数百万円かかります。

しかし車は本体代金だけではありません。
購入してからもいろいろとお金がかかります。
そこで購入する前に車にはどのようなお金がかかるのかを知っておきましょう。

車の維持費で必要となる自動車税

毎年4月1日に車を所有していると自動車税が発生します。
自動車税は乗っている車の排気量によって金額が変化し排気量が低いほど税金は安いです。

普通車の場合には最も高額なものだと自動車税は10万円をこえます。
ただし電気自動車や燃料電池車など車種によっては減税制度もあるので排気量が高くてもお得に乗ることができるものもあります。

車検

車の維持費が高いと思われる理由の一つが車検です。
一度に支払う金額が高額なのですごくお金のかかるイメージがあります。

新車の場合には新車購入後3年で受けなければならないですしそれ以降も2年に1度車検が必要です。
車検にかかる費用には法定費用、車検基本費用、部品交換費用という3つがあります。

自動車重量税や自賠責保険が法定費用です。
この費用は法律で定められているのでどのような場所で車検を受けても必ず支払わなければなりません。

それに対して車検基本費用や部品交換費用は車検を行う場所によって金額が変わります。
整備をする人の人件費や交換が必要な部品の購入費用なので少しでも安く抑えたい場合にはディーラーではなく指定整備工場で行うようにすれば抑えられます。

その他かかる費用

税金や車検も結構なコストがかかりますがそれ以外にも車を運転しているとかかる費用があります。
まずはガソリン代です。
車に乗る頻度が高いほどガソリンは多く消費するのでガソリン代はかかってきます。

それ以外にも車が汚れてくれば洗車も必要ですしパーツが壊れてくれば交換も必要です。
こういったメンテナンスにかかる費用は車によっても違います。

他にも確認しなければならないのが保険料です。
車を運転する時には全員が自賠責保険に加入します。

しかし自賠責保険では事故の際に賄いきれないこともあります。
そこで万が一のときのために備えとして多くの人が加入するのが任意保険です。

任意保険の内容は運転歴や免許証の色によっても保険料が違ってきますし保険の補償内容によっても保険料が変わってきます。
保険会社によっても同じ補償内容でも毎月の利用料が変わることもあるので加入する際には比較検討することが望ましいです。
最近ではインターネットで一括比較をすることができるようになっていることもあり、ディーラーで一括加入をするのではなく自分で保険会社を選んで加入する人が増えています。

コメントを残す