絶対後悔したくない!中古車選びで考えておきたいこと

  1. /
  2. /
  3. 絶対後悔したくない!中古車選びで考えておきたいこと
中古車選び

中古車は走行距離を中心に選ぶ

中古車を選ぶ基準として一番確認をしておきたいのが、走行距離です。
その車が作られてからどの位走ったのかを見られるメーター部分のことですが、車という物は安全に走れる走行距離が全車種決められていますので、あまりにも走行距離が長すぎる車は避けましょう。
1つの目安としては、10万㎞前後が寿命と言われています。

ただし、きちんとメンテナンスをされている車であれば、多少走行距離が長くとも問題ありません。
近年の来る場の場合は特に走行距離が20万㎞を超えても問題無く走れるような、性能が良い車も多数ありますので、あくまで1つの目安です。
むしろ走行距離が長い分価格帯が安くなることも多いため、きちんとメンテナンスされている車で走行距離が15万㎞越程度であれば、そちらの車をおすすめします。

また、走行距離が少なければ新車に近いかというと、決してそんな事はありません。
走行距離の平均目安は1年で1万㎞とされていますが、中には年式が古すぎてそこまで走れなかったというような車もあるのです。

更に、車を買ったけどあまり乗らないから転売したというケースの場合はメンテナンスがキチンとされていない可能性が高く、不具合が生じる場合もあります。
このように、走行距離が少なければ確実に安心という訳でもないため、走行距離チェックと合わせて、年式や車の状態と合わせて確認をしておくと良いでしょう。

装備やグレードもチェックして

中古車と新車の大きな違いは、装備やオプションを自分自身で選べないということです。
既に出来上がっている車を購入するしか選択肢がありませんので、出来るだけ良い条件の車を選べるように装備やグレードを確認しておきましょう。
装備の場合は特に、後から取り付けが出来ないサンルーフやリクライニングシート、安全装置などを確認することが大切です。

またグレードに関して注目するべきは、エンジンと駆動方式にあります。
普段から特殊な道を走る方の場合はグレード部分を意識する必要がありますが、普通の道を普通に走る程度であれば、そこまで問題ではありません。
きちんと動くかどうかだけ確認出来ればOKですので、グレードは状況に合わせて確認をしましょう。

保障や返品も確認しよう

中古車選びを失敗した方の中には、購入をしてエンジンをかけた瞬間に壊れたというような、明らかな不良品を売りつけられた方もいます。
ですが保障や返品が無いお店から購入している場合文句を言えませんので、中古で購入する際には必ず、保障や返品の部分がどうなっているかを確認することが大切です。

中古ショップの多くでは、買取り後に明らかな不具合が見付かった場合や、気になる傷が見付かった場合などに返品を受け付けています。
勿論条件や期限はありますが、返品保障制度を利用出来るお店から車を購入する事で、よくある中古車トラブルを防げるでしょう。

価格だけで選んではダメ

中古車の魅力の1つは価格の安さにありますが、ただ安いからと言う理由だけで飛びついてしまうと、後悔する可能性があります。
安いと言っても数十万円単位でする高価な買い物ですので、後悔がないようにきちんと車をチェックする事が大切です。
安物買いの銭失いにならないように、それぞれのポイントをよく確認しておきましょう。