年収から考える車選びの購入予算について

  1. /
  2. /
  3. 年収から考える車選びの購入予算について
費用について

年収から車購入予算を決める重要性

車は地域によっては無くてはならない存在ですが、贅沢品と呼ばれる程、どうしても安くは無いお金が発生します。
一般に車を購入する費用の目安として考えられているのは、年収の半分くらいが理想です。
こちらはあくまで目安ではありますが、年収の半分程度に留めておくことで、生活に負担をかけず、車を持ち続けることが出来ると言われています。

もちろん、住んでいる場所や車の使用状況などによっても、車にかかる費用は異なる為一概には言えません。
例えばガソリン代や燃費、駐車場代などの細かい部分が変わるだけでも、かかる費用は何倍もの差が出てきますので、十分注意をしておきましょう。
乗る車の種類によってもコンスタントに発生する金額が変わりますので注意が必要です。

車にかかる費用

車にかかる費用としては、車本体購入価格がまず挙げられます。
車を購入するために必要な金額ですが、こちらはローンを組んでいるのか、ある程度現金で一括払いなのかによっても全くかかる費用が変わってくるでしょう。

車を購入したタイミングで合わせて、自動車保険や車検などの、各種保険や点検の費用もかかります。
自動車保険の場合は入る保険によっても、年齢によっても異なりますが、相場として年間10万円程度と思っておけば間違えありません。
車検の場合は2~3年に一度行う自動車の点検で、こちらも自動車点検方法によって値段が全く異なるので注意が必要です。

ディーラーで点検をしてもらう方法は4万~10万、車検専門の整備工場などであれば2万5千~8万、ガソリンスタンドなどであれば2万~6万程度が相場になります。
価格に差があるのは、その時の車の修復具合などによって異なる為ですので、事前に金額を聞いて準備しておくとよいでしょう。
このタイミングで車検や自賠責保険などの支払いもかかってくることが多い為、まとめての出費が手痛いタイミングになります。

これに加えて駐車場代金やガソリン代、保険料など、毎月コンスタントに発生する費用も考える事が大切です。
こちらは地域によっても全く金額が異なりますが、駐車場料金の相場は月々3~8万円程度が多いとされています。

ランニングコストを抑える方法として自動車保険のランキングを参考に安くて補償が手厚いプランを選ぶようにしましょう。

購入費の目安

車はこのように車を購入したら支払いが終るという訳ではなく、買ってからの方が様々な支払いがありますので、購入する前に購入費の目安を立てておくと良いでしょう。
まず車の維持費がいくらくらいかかるのかを知る為に、1つ1つかかる費用をピックアップしていくことが大切です。
大体月々で3~6万円程度かかるという方が多いかと思いますが、月収からその分を差し引いたときに、生活を圧迫しないかどうか考えて計算していきます。

コンスタントに発生する費用に加えて、2~3年に一度の車検、更に、万が一事故に遭ったときの修理費なども考えなければいけません。
将来的に収入が減る可能性を考えたり、結婚して子供を養う可能性なども考えて、出来るだけ余裕のある車を購入することが大切です。
その場のテンションに任せて車を購入してしまうと、生活を切り詰めないといけなくなる場合もあるでしょう。