ステーションワゴンの魅力やメリットについて

  1. /
  2. /
  3. ステーションワゴンの魅力やメリットについて

大人気車種の一つ、ステーションワゴン

ステーションワゴンは1990年だから多くの人たちに愛されている車種の一つです。
元々は欧米では一般的だったものですが日本でも生活感や価値観が変わってきたことによって人気を集めるようになってきました。

これから車を購入することを検討している人にはその特徴や良さは知っておいて欲しいものです。
ステーションワゴンのメリットやデメリットを知って車選びの参考にしましょう。

日本におけるワゴンのイメージ

日本でステーションワゴンが人気を集めるようになったきっかけの一つがスバルのレガシィの先祖とされるレオーネツーリングワゴンです。
他のメーカーでも当時からステーションワゴンはあったのですが商用バンとの区別が曖昧であまり人気がありませんでした。
そこにターボエンジンや最新システムを搭載したモデルが販売されたことによって注目が集まるようになったのです。

レオーネで注目を集めた後レガシィが登場したことでさらに人気を集めるようになりました。
高い実用性と強力なエンジンは車の走りを楽しめるだけでなく家族で旅行を楽しむというぜいたくな生活を感じられたことも人気となった理由の一つです。
ステーションワゴンに乗ることでステイタスの象徴となったことで普及をしていきました。

ステーションワゴンにはデメリットがあるのか

ステーションワゴンはラゲッジスペースが広く取られており荷物をたくさん載せることができるのがメリットの一つです。
しかしその反面荷物をたくさん載せてしまうと後ろのバランスが悪くなり空転しやすくなるというのが電離っとでした。
しかし最近ではその点も改良されているのでデメリットとして気にするほどではありません。

容積が大きいことで車の重量は重たいです。
そのため燃費の面ではほかの小型の車に比べるとあまり良いといえません。

ステーションワゴンはどのような人に向いているのか

最近では車は燃費が良くランニングコストがかからないものが人気です。
そのためステーションワゴンは人気が衰えているという印象がもたれることが少なくありません。
しかしステーションワゴンにもメリットはいくつかあります。

車高が低く安定性があるセダンに近いステーションワゴンは運動性能がとても高いです。
ハッチバックになっていることで安全性も高いとされています。

広々としたキャビンですが車高は高くないので立体駐車場も効果下の道路も走ることが可能です。
道路を選ぶことなく走ることができますし駐車場も選びません。
そのため走っている時のストレスもあまりなく快適なドライブが楽しめます。

女性でも運転がしやすいので家族で車に乗る場合にはステーションワゴンは人気です。
走りも楽しめてなおかつ走りやすいですし、最近では載っている人が少なくなっているため他の人とは違う車に乗りたいという人にも適しているといえます。

コメントを残す