女性からの根強い人気!軽自動車のメリットや魅力を伝授!

  1. /
  2. /
  3. 女性からの根強い人気!軽自動車のメリットや魅力を伝授!
軽自動車

軽自動車とはどんな車?

軽自動車は日本国内で販売されている自動車の分類の中でも、最も小さい規格である600cc以下の排気量の三輪、または四輪自動車のことを指します。
ナンバープレートは自家用の場合、黄色ベースに黒文字で表記がされていますので、見た目にしてわかりやすいのも特徴です。

非常に小型なスタイルが特徴的な車ですが、規格サイズとしては現在、全長3.4メートル以下、全幅1.48メートル以下、全高2メートル以下である物とされています。
定員は4名まで、貨物積載量も350㎏以下ですので、特に大荷物を積まないようなファミリー層が乗る事も多い車と言えるでしょう。
これらの条件を1つでも超えると普通の自動車、小型自動車扱いとなりますので、軽自動車区分からは外れます。

とにかくコストを抑えられる所が魅力

軽自動車の場合は普通自動車に比べると元々のランニングコストが非常に安く、車体価格を始め、各種税金など様々な部分がお得に節約出来るのが特徴です。
車種によっても異なりますが大抵の場合、軽自動車の方が普通自動車よりも元々も車両金額が大幅に安く、ガソリン代なども安く抑えられる傾向にあるでしょう。
燃費が良い車種が非常に多いため、維持費を抑えられるのも特徴です。

また、税金に関しては圧倒的に軽自動車の方が安く抑えられます。
定期的に国に収めないといけない自動車税ですが、普通自動車の場合は年間最低29500円はかかるのに対し、軽自動車の場合は年間10800円となりますので、普通自動車と比べると圧倒的な違いです。
大型自動車の場合は更に加えて高い税金を払わないといけない事を考えると、軽自動車はお金の面で恵まれた車と言えるでしょう。

小回りが利いて運転がしやすい

軽自動車は非常にコンパクトサイズの車ですので、道が狭いところや駐車場などの運転をしにくい場所でも小回りが利き、初心者でも安心出来るのが魅力です。
軽自動車の場合はボディそのものが非常にコンパクトですので、田舎道やクランクなどの、油断をすると車を擦ってしまいそうな狭い道でもすいすい駆け抜けていきます。
ペーパードライバーのように運転が自身が無いと言う方に取っては、特におすすめの車種です。

また軽自動車の種類によっては通常の軽自動車よりも車高が高く設計されている物もありますので、見通し良く運転できるのもポイントになります。
デザイン性が高い車も多く、可愛らしい車から一見軽自動車にみえないようなクールな車まで、様々な車を比較出来るのも特徴です。

軽自動車ならではのデメリット

このように軽自動車には様々なメリットがあり、気軽に乗れる車として知られていますが、良い点だけでは無くデメリットも把握しておきましょう。
まず軽自動車は普通自動車に比べると馬力が少ない分、パワーが出せずにスピードが出ない、上り坂を上がれないというようなタイプもあります。
こちらは車種によっても異なりますが、エンジンのパワーが足りずに高速道路で大渋滞を引き起こすきっかけとなるケースもあるため注意が必要です。

またパワーだけでは無く耐久性の面も心配ではあります。
軽自動車と普通自動車がぶつかった場合、普通自動車はこすり傷程度、軽自動車は大破というような、明らかにバランスがおかしい事故の状態に陥ることも少なくありません。
軽自動車は残念ながらそれだけ耐久性に乏しいタイプが多い為、耐久性の部分はある程度妥協して乗るようにしましょう。