大人なあなたにおすすめしたい!セダンの魅力について解説

  1. /
  2. /
  3. 大人なあなたにおすすめしたい!セダンの魅力について解説
セダン

セダンとは?

古くから伝わる車種の1つとして安定した人気があるのが、セダンです。
一般的にセダンは、リアデッキのあるノッチバックタイプの乗用車や、リアデッキを持たないノッチレスタイプの車のことを指します。
前後が出っ張っている車の形を見たことがある方もいるかもしれませんが、そのタイプは大抵セダンです。

ボンネットと独立したトランクルームを持つタイプのセダンが通常タイプで、セダン希望の場合は大抵こちらのタイプの車が用意されます。
場合によっては3ボックスカーと呼ばれることもありますが、ほとんどが同じ車種のことを指すでしょう。
用語としては分かりづらい部分もありますが、定義としては固定されているタイプの車です。

セダンの魅力やメリット

セダンの魅力の1つは、収納スペースが独立している所にあります。
車内とトランクルームが別になっており、車室として荷物を運び入れられますので、車内が人でいっぱいでも、荷物をタップリ詰めることが出来るでしょう。

またセダンの場合はその構造上、走りが非常に安定しやすいのも魅力です。
前後に大きく飛び出た特徴的な形ですが、その分しっかりと安定して走れますので、高速道路や強風などでも煽られにくく、安定して走りやすいでしょう。
ねじれや振動なども起りにくくなりますので、セダンで慣れたら他の車で運転できなくなるほど、快適な運転性能を誇ります。

更に万が一全面から追突をした際にも、ボンネット部分は破損しますがドライバーを初め車内部まで到達する事が少なく、万が一の衝突時に安全性がアップするのもメリットです。
こちらは事故が起きないに超した事は有りませんが、基本的に様々な部分の性能が高い為、いざと言う時の安全性が何かと高い作りになっている所も、セダンの大きなメリットとして知られています。

運転のしやすさは好みが分かれる

セダンはその構造上、どうしても狭い道や駐車場を止めるのが苦手な方には不向きなタイプの車です。
前の部分と後ろの部分の出っ張っている部分がみえにくく、感覚を掴めないでそのまま動かしてしまった結果、擦ってしまったというケースも少なくありません。
車体感覚が掴めない、初心者ドライバーで駐車や狭い道が大の苦手という場合は特に、無理してセダンタイプに乗ると大惨事に繋がる恐れがあるでしょう。

同じ理由で、車体感覚が掴めずに前の車と追突してしまった、と言うケースも実は少なくありません。
普段セダンタイプに乗り慣れていない為、いつもと同じ感覚で車体距離を詰めた結果、追突するということが多いのです。
ある程度運転に慣れていない方でないと、セダンを乗りこなすのは至難の業と言えるでしょう。