いざという時のために!ドライブレコーダーを取り付けよう

  1. /
  2. /
  3. いざという時のために!ドライブレコーダーを取り付けよう

安心安全のためにドライブレコーダーを

最近では車を購入するとドライブレコーダーが標準装備となっていることが多いです。
ドライブレコーダーを取り付けておくことで事故やあおり運転の被害を受けた際に証拠となってくれます。

とはいえドライブレコーダーにも種類が多くありこれから取り付ける場合にはどのようなものを選べばいいか悩むものです。
取り付けをする前に種類や工賃といったもの以外にも補助金についても確認をしておきましょう。

ドライブレコーダーの価格と選び方

ドライブレコーダーは走行中の車外の様子を記録することができるため事故の様子を録画するためのものだけでなく外の景色を記録するために使うこともできます。
カメラの機能もどんどんと充実しておりフルハイビジョンのものや画素数が高いものも多いです。

せっかく記録をしていても画像が荒いと役に立たないこともあるので画素数は200万画素は最低でも必要だとされています。
300万画素をこえると相手のナンバープレートもハッキリと見えるとされています。

基本的には画素数が上がればどんどんとドライブレコーダーの価格は上がります。
そして他に機能が搭載されるとそれだけ価格も高くなるのが一般的です。
そこで予算によって必要な機能と画素数を考えて吟味することが必要となってきます。

他にも機能としてついていると良いとされているのが衝撃センサーです。
加速度センサーといわれることもあるものですが、車に衝撃が加わると録画が自動的に始められるようになっています。
そのため事故が起きてからの記録しか残らないこともあるので最近では広範囲を記録できるカメラがつけられているものが人気です。

車の周辺で物が動くだけでも完治してくれるモーションセンサーであれば事故前から記録を残してくれます。
そのため事故の記録だけでなくセキュリティ対策としてもモーションセンサータイプは人気です。

助成金を利用する

ドライブレコーダーは取り付けるにあたって助成金を利用することができます。
交通事故防止のために最近では国土交通省がドライブレコーダーを取得する際の費用への支援を行っているのです。

ただし助成金の対象となるのは国土交通大臣が認定しているドライブレコーダーのみでありそれ以外のものについては補助を受けることができません。
車両に取り付けることとレコーダーの代金の支払いが終了していることも条件となります。

助成金を申請するためには購入した際の領収書の提出が必要です。
紛失して師ま鵜と助成金が受けられないので気をつけましょう。

申請をするためには各地の運輸局や運輸支局で書類の提出をしなければなりません。
郵送では対応していないので自分で手続き書類を持って運輸局に行く必要があります。

コメントを残す