車内のいや~な臭いの原因と対策について伝授します!

  1. /
  2. /
  3. 車内のいや~な臭いの原因と対策について伝授します!
車の臭いの原因

車の嫌な臭いの原因は何?

車に入った瞬間に、もわっとしたような籠もった臭いを感じる方は少なくありませんが、その臭いは、実はこのような原因があります。
まず一番の原因としてあげられるのがタバコです。
タバコは吸っている人からすると大した臭いではありませんが、車内の壁にしっかりと臭いが染みこみ、異常なまでの異臭を発生させてしまうでしょう。

タバコの場合は特に臭いだけでは無く、ニコチンやヤニによって車内の壁の色が変わるのも難点です。
吸い続ければ吸い続けるほど、臭いと壁の色が全く変わって来ると共に、そう簡単に落とすことが出来ないため非常に厄介と言えるでしょう。

次に多いのが食べ物の臭いです。
ドライブスルーでテイクアウトでご飯を買ったり、スナック菓子を食べながら車に乗るという方も多いですが、籠もりきりの車内では強い異臭を放ちます。
いろいろな食べ物の臭いが染みついて混ざり合った結果車に染みついている可能性が高いため、注意が必要です。

三つ目はエアコンの臭いです。
エアコンのフィルターを掃除していない、エアコンが外から空気を取り入れるタイプのエアコンで、周囲を排気ガスをまき散らす車が走っていると言う場合など、車内に臭いが残りやすくなります。
エアコンからの異臭は吐き気をもよおす方も多いほど強い悪臭を放ちますので、十分注意をしましょう。

また、ペットを飼っている方の場合は、ペットの臭いが染みついている可能性があります。
ペットを車に乗せている場合は特に、知らず知らずのうちにペットの臭いが車に染みつき、異臭を作りあげる原因となっているでしょう。
ペットの臭いは飼主さんは慣れているのでわかりにくいですが、日頃車に乗らない人が乗ると悪臭を感じて辛い思いをしますので、心当たりがある方は早めに対策することが大切です。

■おすすめ記事■
車内のイヤな臭い!その原因と対処法は?

対策をして臭いを徹底ガード!

車の臭い
車の臭いはきちんと対策を行うことで、キツい臭いを解消し、快適な車内環境をゲットできます。
まず手軽に出来る対策として挙げられるのが、消臭スプレーです。
消臭スプレーを車内の至る所にかけつつ、窓を開けて空気の入れ換えをしっかり行う事で、籠もった臭いを一網打尽に出来るでしょう。

空気の入れ替えをしないまま消臭スプレーをかけ続けると、今度は消臭スプレーの臭いが籠もってしまいますので、必ず空気の入れ替えをしながら行う事が大切です。
窓だけでは無くドアを開け閉めして行う空気の入れ換え法を行う事で、より効率良く空気の入れ換えが出来るでしょう。

また、エアコンフィルターをきちんと掃除した後に、エアコンから消臭剤を取り込む方法もおすすめです。
こちらはエアコンをオンにして風量を最大にし、外気取り込み口に消臭スプレーを噴射するというだけのやり方ですが、非常に高い効果を発揮します。
車のエアコンから一気に車内に綺麗な空気を分散出来ると共に、籠もった空気を一網打尽に出来る、一石二鳥なやり方と言えるでしょう。

そして、車内のシートを消臭する専用アイテムを使う事も、効果的な脱臭ケアとして知られています。
シートにおくタイプの除菌消臭剤を使うことで臭いの原因となる雑菌なども分解してくれますので、より確実に、根本から脱臭を行なえるでしょう。
このように、いくつかの方法を合わせて行うことで、より効率良く消臭が可能になります。

臭いを臭いで消すと危険?

強い臭いには強い臭いを当てれば良い匂いになるかもしれない、と勘違いしている方もいますがそれは大きな間違いです。
強い臭いに強い臭いを当てても、ただ臭いが混ざり合ってより強い異臭になるだけですので、必ず消臭ケアをする際には消臭ケアアイテムを活用しましょう。
間違っても専用アイテムでは無い香水などを振りかけないようにすることが大切です。