見落としがちなワイパーの交換方法と費用

  1. /
  2. /
  3. 見落としがちなワイパーの交換方法と費用

視界を守るために大切なワイパー

雨の日やフロントガラスが汚れている時にはワイパーが欠かせません。
しかしワイパーの状態が悪くなってくるとワイパーを動かしてもガラスが汚れたままになってしまったりスジができてしまったりすることも出てきます。
ちょっとの汚れでも視界が悪くなると運転がしにくいです。

日本は雨や雪の影響でワイパーの使用頻度が高いといわれています。
そのため定期的にワイパーのメンテナンスが必要です。

ワイパーの交換には形状の確認から

ワイパーには種類がいくつかあるので自分でワイパーの交換をする際にはどのような形状であるかを確認することが必要です。
正しいものを選んでいないと交換して取り付けても思うように動かないだけでなく故障してしまうこともあります。

トーナメントワイパーは大きなフレームに小さなフレームが複数組み合わさってトーナメント表のようになっているものです。
最も多くの車種で採用されています。

フラットワイパーはワイパーゴムとブレードが一体化しており拭き取り脳力が高いものです。
ワイパーゴムのみの交換ができないものもあるので交換ができるタイプであるかどうか確認する必要があります。

トーナメントワイパーとフラットワイパーを合わせたタイプがデザインワイパーです。
交換方法を確認するとトーナメントワイパーからエアロフォルムのワイパーに自分で交換をすることもできます。

自分でワイパーを交換する方法

基本的に取扱説明書を読めばワイパーの交換方法はかかれています。
そのため作業前にはきちんと説明書の交換方法を確認しておくことが大切です。

多くの車ではフロントガラスのワイパーアームとワイパーブレードの取り付け部分の裏側の場所にスイッチの部分があります。
スイッチを押しながら下方向にスライドをしていくとワイパーブレードは外せるのでワイパーアームを戻してクロスの上に置いておきます。
ワイパーアームは建てたままだとフロントガラスが割れる恐れがあるので必ずクロスに用意をしましょう。

新しいワイパーブレードを用意したら外した時と逆の手順で取り付けるだけです。
この時カチッと音がするまで差し込むことが大切です。

ゴムを交換する場合にはワイパーゴムを外して取り付けるだけなのであまり難しくはありません。
しかしワイパーゴムにスプリングが入っているものと入っていないものがあるので新しいゴムにスプリングが入っていない場合には古いワイパーゴムのスプリングを移植するのを忘れないようにしましょう。

もしも金属の先がワイパーゴムにうまく収まらない場合にはゴムの先端を少し引っ張ると収まりやすいです。
ただし新しいワイパーゴムは柔らかいので破れないように気をつけましょう。

コメントを残す