愛車を綺麗に仕上げよう!車の手洗い洗車のポイント!

  1. /
  2. /
  3. 愛車を綺麗に仕上げよう!車の手洗い洗車のポイント!
洗車用品

自分で行う手洗い洗車

車が汚れた際に洗車に出す方は多いかと思いますが、洗車をするにもお金がかかりますので、自分で行なえるならそれに超した事はありません。
いわゆる手洗い洗車ですが、手洗い洗車は意外と簡単に出来る方法ですので、お金節約をしたいと言う方はもちろんのこと、自分でマイカーを洗えるようになりたいという方も、方法をチェックして見ることをおすすめします。

手洗い洗車の方法やポイントは?

まず手洗い洗車は出来るだけ、曇りがちで風が弱い、気温が高すぎないタイミングで行うようにしましょう。
晴れた日は絶好の洗車日和というイメージがありますが、濡れた車に直射日光が長時間当たることで、反対に車へのダメージへと繋がる可能性があります。
せっかく綺麗に洗えたとしてもボディに致命的なダメージを負ってしまう可能性がありますので、出来るだけ曇りの日に行う事が大切です。

次に水洗い洗車を行っていきます。
シャワーとクロスを使って水洗いを行う方法ですが、ホイールとタイヤの汚れをそれぞれ水洗いした後、ボディの洗車を行って下さい。
ホイールとタイヤが最も汚れが激しい部位ですので、これらの部分をしっかり洗った後は、別の新しいクロスを使って、ボディ上部から丁寧に水をかけながら洗っていきます。

シャワーノズルを使って水をかけながら、ボディをクロスで磨いていき、ボディ全体までしっかりと洗いきったら、必要に応じてコーディング剤などを塗って完成です。
コーティング材を利用する際には必ず、乾いたクロスなどでボディをしっかりと乾かしてからコーティングしていきましょう。
また、汚れが酷い部分に関しては洗剤を使っても良いですが、ゴシゴシと擦ることが無いように必ず水を流して摩擦を防ぎながら洗うことがポイントです。

カーシャンプーを使う際には、必ずボディ全体を濡らした状態にしてから使うようにしましょう。
中にはカーシャンプーを直接ボディに塗る方もいますが、ボディの塗装が剥げる原因に繋がりますので絶対にNGです。
コーティング材も正しい方法で利用するよう心がけましょう。

ワックスなどを掛ける際には、商品によっても異なりますが、塗りすぎないように注意が必要です。
大量に塗れば大量に輝くという事では無く、むしろ大量に塗ってしまうと簡単にはがれ落ちてしまったり、見た目が明らかにテカテカしすぎるなどが出てきますので注意しましょう。
時間も長々と塗ることが無いように手早く作業を行って、ワックスの固まりなどを防ぐ事が重要です。